Blog

2017.02.16
第3回 実践に役立つ学術フォーラム 開催決定!
開催趣旨

  • •「日本の未来」=「次の時代を創り担うのは子ども達」少子高齢化の進行など、子どもたち(日本の未来)を取り巻く環境が大きく変化。時代の曲がり角を、どう乗り越えたら良いだろうか。その問題・課題を皆さんと認識・情報共有するとともに、問題解決の糸口を探るべく、実践に役立つフォーラムを開催。
第3回のテーマ
「高齢者医療 と 経済」
開催の背景

  • • 高齢化社会の急速な進行により、待ったなし!の高齢者医療問題。
    →今後、医療費増加の継続により、医療保険制度の経済的破綻となりうる。
    →団塊世代の高齢化とともに、10年後には介護費用がピークを迎え、現在のサービスレベルの維持が不可能となりうる。
開催のポイント

  • • 日本を代表する、高齢者医療問題の医学者、経済学者が一堂に集結!
    →「現実的かつ合理的なヘルスケアーシステムについて提言する」医学者、「予防医学を基に健康寿命の延長により医療費削減を提言する」医学者、「経済学的視点から社会保障問題を考える」経済学者が、それぞれの専門領域から問題の本質に迫るとともに、討論では、専門領域を超え、解決法を大胆に提言!
開催概要
知のエンタテイメント
第3回 実践に役立つ学術フォーラム
「高齢者医療 と 経済」

 

日時 2017年4月13日(木) 13:00~16:00 (受付開始12:30)
会場 八芳園 (東京都港区白金台1-1-1)
司会者 湯山 茂徳(京都大学 経営管理大学院 特命教授/学術フォーラム実行委員長)
講演者 岩尾 聡士(名古屋大学大学院経済学研究科特任教授)
テーマ:「持続可能なヘルスケアーサービス」

中村 格子(横浜市立大学客員教授/Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長)
テーマ:「高齢者の予防医療」

伊藤 元重(東京大学名誉教授/学習院大学教授)
テーマ:「医療と財政」

主催 特定非営利活動法人 次代の創造工房
共催 八芳園
協賛 日本フィジカルアコースティクス株式会社 他
後援 厚生労働省(申請中)
協力 アゼリーグループ、ヒーローズエデュテイメント株式会社、Support Our Kids実行委員会
定員 150名
会費 5000円/席

 

 

第3回 実践に役立つ学術フォーラム