Blog

2020.03.11
東日本大震災から9年を迎えて

多くの尊い命が犠牲となり、未曾有の被害をもたらした東日本大震災から9年が経ちました。
お亡くなりになられた方々とご遺族に対し、改めて衷心より哀悼の意を表しますと共に、
今なお避難生活を余儀なくされている方々をはじめ、被災者の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
また、今日まで弊会活動に深いご理解とご支援を頂いております支援者の皆様に心より感謝を申し上げます。
 
9年間という月日が経過する中で、弊会の海外研修参加生徒の帰国後の活動の中からは、
「他地域の災害被災者支援」、「東北地域の魅力発信」、「漁業復興」、「農業復興」、「福島風評払拭」など
復興アンバサダーとしての具体的な復興への取り組みが生まれ、明るい兆しが見え始めております。
 
一方で、メディア等で報じられている通り、東北被災地域には、
これから取り組まなければならない課題もまだまだあることを実感しております。
 
「東北から復興を担う未来の意思を育てよう」
 
私どもでは、国内外の支援者の皆様、関係機関、OBOGの生徒・保護者の皆様と手を携え、
ひとりでも多くの子ども達が、自らの手で東北の明るい未来を切り拓いてゆけるよう、
「復興の担い手育成」に取り組んで参ります。
 
引き続きのご理解とご支援、何卒、宜しくお願い申し上げます。
 
令和2年3月11日
Support Our Kids実行委員会、事務局一同

Support Our Kids 〜ひとりじゃないよ〜 東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト